ED症状と分類・完全にクリニック

実、ED勃起不全の症状は人によって様々です。大体は「性欲や興奮があっても、どうしても勃起出来ない」、「最初は勃起するけれども、最後まで続きできない」、「入ったけど、途中で萎えてしまう」などたくさんがあります。

勃起ということはまず、性的な刺激を受けて、脳による興奮神経を通して陰茎に伝わります。そして、陰茎海綿体の動脈が拡張し、十分な血液が流れ込むことで大きく膨らむということです。もし、この間は神経や血管など何らかの問題があって、海綿体に血液が十分送り込まれないと、一番な勃起が得られなかった、つまりEDな状態になりました。

1.加齢の原因でED
誰もが加齢に伴い性欲や勃起に対する機能が格段に衰えてしまうのです。原因は動脈硬化など血流の流れが悪くなるためです。勃起のメカニズムは、ペニスの血管に多くの血液が流れ込むことで勃起します。そのため血流の流れが悪くなってしまうことによってペニスに血流が十分に流れ込まなくなって勃起がうまくできなくなってしまうのです。

2.心因性の原因でED
心因性の場合には年齢に関係なく若い人にも多く見られるのが特徴的です。ひと口に精神的な問題と言っても、その原因は様々です。例えば仕事がうまく行かずにストレスを感じ、それが原因で不眠症になったり、うつ病になってしまったりすると、性的な興奮が抑えられてしまって勃起しにくくなることがあります。この中は特別な原因が一つあります。この特別な原因は子供時代に性的虐待を受けたことでセックスについて嫌悪感を強く感じてしまって、勃起しないという人もいます。

3.器質性の原因でED
こっちの方は中高年患者さんが多いです。器質性 ED とは神経の障害や、血管の動脈硬化の進行などが原因となって起きてしまうことであります。これは病気がなくても、30歳を過ぎると加齢と共に血管は老化してくるので、弾力性が徐々に低下してED の症状を自覚してくるです。動脈硬化は血管が十分にかくだいすることができません。そして、血の巡りが悪くなって、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まなくなるということです。

4.怪我やほかの薬の原因でED
怪我や病気が原因で勃起不全になることもあります。その中でも比較的多いのが前立腺関係の病気による影響です。また、病気や怪我の治療のために薬を日常的に服用しているという人も多いと思いますが、薬の中にも勃起不全の原因になるものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です