ED治療薬紹介・バイアグラ

バイアグラの歴史
ED治療薬として存在しているバイアグラは98年、アメリカで開発され、世界で初めて製品化のED治療薬であります。あの時は「夢の薬」と言われています。

また、日本の場合はアメリカで販売され1年後、日本で販売することが始まります。あの時はEDに悩んてる男たちにとって本当に支えてくれました。今、販売されている規格は[25mg]と[50mg]の2つがあります。でも、ウェブで海外医薬品通販サイトで[100mg]が販売されることがあります。

バイアグラの主な成分
バイアグラの主な成分は「シルデナフィル」であります。

「シルデナフィル」は1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることとなった 。

これによって[25mg]と[50mg]とはバイアグラの効成分つまり「シルデナフィル」がどのくらい含まれていることです。

バイアグラの作用原理は
バイアグラに含まれる成分の作用原理は勃起抑制酵素をさまたげることで勃起を促進することができます。

注意してください!
1.バイアグラは性的興奮作用や性欲増進作用はございません。

2.食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れることがあります。だ から、食前30~40分前に服用するのも効果的です。

3.お酒と一緒の場合はアルコール自体にリラックス作用がございますので、バイアグラの効果を引き出すことが可能です。

糖尿病のがある方や肥満の方また高血圧そしてうつ病の治療薬の副作用によるEDの方はバイアグラ50mg1錠では満足な効果が得られない場合があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です