edの自覚症状|種類と原因|治療方法

edの自覚症状

edとは何ですか?勃起障害のことです。満足のいく勃起がとれない状態です。「なかなか勃起しない」「最近、性行為に自信が持てない」「最後まで満足のいくような性交ができない」「たまに勃起しないことがある」という体験があった男性がいるでしょう!これらはedの症状です。

Edになると、動脈の拡がりが不十分になり、十分な血液が動脈に流れ込まなかったり、勃起につながる神経のどこかにダメージを受けたり、硬くなるのに時間がかかったりして、勃起が十分続かなかったのです。

Edは自覚できます。edの自覚症状がいろいろあります。
● 朝だちはできるが、セックスしたいときと勃起しない。
● マスターベーションでは勃起し射精まで行くが、女性が相手だと、緊張して勃起しない。
● 挿入に至るまでにペニスが充分勃起できない。
● セックス途中で中折れして射精までいかない。
● 以前は相手を触るとすぐ勃起したが、今は性的刺激を受けても、なかなか勃起しない。
● 最近、精力や性欲が落ちて、充分勃起しなくなった。
● 加齢により、勃起力が落ちて勢いのある射精感がなくなった。
● 勃起力が落ちてきたからか、早漏気味になった。
● 以前は射精を我慢できたが、最近は我慢がきかず早漏になった。
● 以前は勢いのあるスッキリした射精感だったが、最近はタラーとかダラダラ漏れるような射精になった。

以上はedの自覚症状です。自分でチェックしてください!
edの種類と原因

edといっても、種類は様々です。edの種類について紹介します。

若年性ed

edというと、中高層のことというイメージを残しています。最近は10代後半から20代、30代前半までのedが非常に多く増えているみたいです。これは若年性edです。若年性edの原因は何ですか?二つの原因があります。一つ目は社会生活や家庭生活を築いていこうとしている若者にはたいへんストレスの大きい状況となっています。二つ目はインターネットのバーチャルな世界で遊んだり、1日中パソコンに向き合っている仕事の人はEDになりやすいです。

加齢性ed
年を取りますが、下半身も年を重ねると弱ってきて、勃起が悪くなります。加齢性edの原因には、生理的なものばかりでなく、加齢に伴って増えるさまざまな生活習慣病です。その代表的なものが高血圧、糖尿病、脂質異常症などです。これはedの原因になります。

心因性ed
心因性edは名称の通り、体の機能そのものに問題はなく、心理的・精神的な要因から起こるedです。心因性edの原因は心理の原因です。調査によると、心因性ed になった男性は、1人でさまざまな努力をおこなうものの、かえって性行為に対して緊張感や焦りが出てしまい、失敗するケースが多くみられるようです。アルコールや薬物への依存症も、精神疾患も心因性edの原因になります。
edの治療方法

edになれば、治療しないで、そのまま放置すると、セックスができなくなります。勃起不全対策をまとめれば、ICI治療、食事や運動から改善、精神科治療、薬物治療などです。今大人気のはed治療薬です。

ed治療薬というと、種類は様々です。世界三大ed治療薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスです。バイアグラ、レビトラ、シアリスのほか、ed治療薬はたくさんあります。医学の進歩に伴い、ed治療薬はとても安全です。ed治療薬の副作用を心配する必要が全然ありません。ed治療薬はed克服対策として、流行しています。しかも、今ed治療薬の通販サイトから、購入する人は大部分です。

ed勃起不全の発生は一日のことではありません。しかも、edの原因も様々です。ですから、edの克服も一日のことではありません。ですから、一番効くed治療薬は自信です。

ペニス増大精力剤巨人倍増は服用後、陰茎に刺激を与え、性的興奮を与えることによって、細胞の再生力を促進し、ペニス組織の発育を促進し、ペニスを大きく生長させます。

性機能障害で、男自身が深い悩みに陥っています。それらの悩みを解消したいなら日頃からの心のケアを含めた健康管理が非常に重要な問題であり、普段から精力剤を飲むようして、精力剤の効果は性機能障害を改善し、勃起を促進し、精力を維持することができます。

出典:http://nnblog.momben.com/

心因性EDの克服方法は何でしょうか?

勃起が起こるためには、身体的に健康であることと同時に、精神的にも性行為に臨める状態であることが重要です。血流の悪さなどの問題からくる器質性EDと異なり、心因性EDは人もたくさんいます。ストレス、疲労、精神疾患なども心因性EDの原因になっています。では、心因性EDの克服方法は何でしょうか?本文では、心因性EDの克服方法の情報についてご紹介します。

心因性EDの克服方法にはまず必須となるのはED治療薬です。心因的なEDの場合は、まずは無理矢理でも立たすということが必要です。「立った」という事実をもって、「立たせられない」ストレスを緩和させる効果があるからです。ED治療薬を使い、無理矢理立たせてでも、徐々にセックスに慣らしていくことが心因的EDからの回復には最も効果的です。

心理療法では、主に専門家へのカウンセリングやアドバイスをもらうことで、精神的な原因を取り除いていきます。ED治療薬では効果が上げられないような場合でも、心理療法で複雑になった心の中を解きほぐすことで改善されることもあります。心理療法はじっくりと時間をかけるのが基本なので、定期的に通院することが大切です。

心因性EDの克服には、パートナーの深い理解と温かい協力が不可欠です。決して男性だけで解決すべき問題ではありません。パートナーの理解と協力は治療時ばかりでなく、改善後の豊かな性生活を楽しむうえでも大切な要素となります。心因性EDの場合は、より明らかな改善がみられるはずです。

心因性EDの改善方法について

心理的・精神的な要因から起こるEDは心因性EDと呼びます。うつ病や統合失調症といった精神疾患のみならず、会社でのストレスや夫婦関係などの問題、または幼少期のトラウマなど、誰にでも起こり、その原因は人によってさまざまです。そして、心因性EDの改善方法は何でしょうか?本文では、心因性EDの改善方法をご紹介します。

まず一番取り入れやすい心因性EDの改善方法がストレス解消方法を自分で編み出すことです。心と身体は連動しているので、運動することでストレスは大きく発散できますし、カラオケも大きな声を出すのでスッキリします。

心因性EDの治療法として治療薬の服用があります。患者の9割以上がED治療薬で改善すると言われています。心因性ですから、心の悩みを解消しなければならないと思っている人も少なくありませんが、実際には薬でストレスを和らげることができるのです。性行為に対して不安がある心因性EDの方では、ED治療薬を服用して性行為が数回うまくいくと、それが自信となり、その後はED治療薬なしでも、性行為がうまくいくこともよくあります。

そして、パートナーとの関係性に問題があるケースでは、カップルでのカウンセリングが望ましい場合もあります。カップル間の問題点を洗い出して、心因性EDの改善を目指します。その他、暗示療法や行動療法、自律訓練法など、さまざまなアプローチが考えられます。心療内科や専門家によるカウンセリングを受けることで大きな改善を得られることがあります。