バイアグラの代謝と食事影響ご紹介

バイアグラの代謝
1.試験において、バイアグラ単回経口投与した時の投与後48時間までの投与量に対する未変化体の累積尿中排泄率は、0.3~0.6%であります。

2.試験において、バイアグラ1日1回7日間反復経口投与した時の投与量に対する未変化体の24時間毎の尿中排泄率は0.2~0.9% の間で推移し、単回投与時と同程度であり反復投与による変化はなかった。

3.バイアグラの主な成分は肝臓で代謝され、その主要代謝物N-脱メチル体の生成速度はCYP3A4が最も速く、次いでCYP2C9であった。

食事の影響
バイアグラ50mgを食後又は空腹時に投与し、体内動態に及ぼす食事の影響から見ると、バイアグラのTmaxは食後及び空腹時投与でそれぞれ3.0及び1.2時間であり、食後投与により吸収速度が有意に減少し、Tmaxが1.8時間延長することが認め られた。Cmaxは食後投与で149ng/mL、空腹時投与で255ng/mLであり、AUC0-∞はそれぞれ697.5及び806.2ng・hr/mL でありました。

ED症状と分類・完全にクリニック

実、ED勃起不全の症状は人によって様々です。大体は「性欲や興奮があっても、どうしても勃起出来ない」、「最初は勃起するけれども、最後まで続きできない」、「入ったけど、途中で萎えてしまう」などたくさんがあります。

勃起ということはまず、性的な刺激を受けて、脳による興奮神経を通して陰茎に伝わります。そして、陰茎海綿体の動脈が拡張し、十分な血液が流れ込むことで大きく膨らむということです。もし、この間は神経や血管など何らかの問題があって、海綿体に血液が十分送り込まれないと、一番な勃起が得られなかった、つまりEDな状態になりました。

1.加齢の原因でED
誰もが加齢に伴い性欲や勃起に対する機能が格段に衰えてしまうのです。原因は動脈硬化など血流の流れが悪くなるためです。勃起のメカニズムは、ペニスの血管に多くの血液が流れ込むことで勃起します。そのため血流の流れが悪くなってしまうことによってペニスに血流が十分に流れ込まなくなって勃起がうまくできなくなってしまうのです。

2.心因性の原因でED
心因性の場合には年齢に関係なく若い人にも多く見られるのが特徴的です。ひと口に精神的な問題と言っても、その原因は様々です。例えば仕事がうまく行かずにストレスを感じ、それが原因で不眠症になったり、うつ病になってしまったりすると、性的な興奮が抑えられてしまって勃起しにくくなることがあります。この中は特別な原因が一つあります。この特別な原因は子供時代に性的虐待を受けたことでセックスについて嫌悪感を強く感じてしまって、勃起しないという人もいます。

3.器質性の原因でED
こっちの方は中高年患者さんが多いです。器質性 ED とは神経の障害や、血管の動脈硬化の進行などが原因となって起きてしまうことであります。これは病気がなくても、30歳を過ぎると加齢と共に血管は老化してくるので、弾力性が徐々に低下してED の症状を自覚してくるです。動脈硬化は血管が十分にかくだいすることができません。そして、血の巡りが悪くなって、陰茎海綿体にも十分な血液が流れ込まなくなるということです。

4.怪我やほかの薬の原因でED
怪我や病気が原因で勃起不全になることもあります。その中でも比較的多いのが前立腺関係の病気による影響です。また、病気や怪我の治療のために薬を日常的に服用しているという人も多いと思いますが、薬の中にも勃起不全の原因になるものがあります。

ED治療薬紹介・バイアグラ

バイアグラの歴史
ED治療薬として存在しているバイアグラは98年、アメリカで開発され、世界で初めて製品化のED治療薬であります。あの時は「夢の薬」と言われています。

また、日本の場合はアメリカで販売され1年後、日本で販売することが始まります。あの時はEDに悩んてる男たちにとって本当に支えてくれました。今、販売されている規格は[25mg]と[50mg]の2つがあります。でも、ウェブで海外医薬品通販サイトで[100mg]が販売されることがあります。

バイアグラの主な成分
バイアグラの主な成分は「シルデナフィル」であります。

「シルデナフィル」は1990年代前半、狭心症の治療薬として研究・開発が始まった。第1相臨床試験において、狭心症に対する治療効果は捗々しいものではなく試験の中止を決めるが被験者が余剰の試験薬を返却するのを渋り、理由を問うた所、僅かであるが陰茎の勃起を促進する作用が認められ、これを適応症として発売されることとなった 。

これによって[25mg]と[50mg]とはバイアグラの効成分つまり「シルデナフィル」がどのくらい含まれていることです。

バイアグラの作用原理は
バイアグラに含まれる成分の作用原理は勃起抑制酵素をさまたげることで勃起を促進することができます。

注意してください!
1.バイアグラは性的興奮作用や性欲増進作用はございません。

2.食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れることがあります。だ から、食前30~40分前に服用するのも効果的です。

3.お酒と一緒の場合はアルコール自体にリラックス作用がございますので、バイアグラの効果を引き出すことが可能です。

糖尿病のがある方や肥満の方また高血圧そしてうつ病の治療薬の副作用によるEDの方はバイアグラ50mg1錠では満足な効果が得られない場合があります。