シアリス愛用者が多い理由

国内で処方が行われているED治療薬には、三種類の薬の処方が認められいます。
最も新しく2007年に登場したのがシアリスとなり、この薬は国際的にも最も人気が高くその愛用者も非常に多いとされる薬です。
これは他ニ剤とは異なる特徴や欠点を改善した薬と呼ばれるだけあっての事となり、100カ国以上で承認され1000万人以上の愛用者がいるこの薬を他ニ剤と比較していきます。

知っている方もいるかも分かりませんが、ED治療薬の最もの弱点は成分の吸収が腸で行われる事により、
空腹では無い状態での内服や内服後に食事を挟んでしまう事で成分が不活化(きちんと溶けない事)が起こることです。
効き目を不安定としてしまう事やそれ自体を失ってしまう事にも繋がり、幾ら空腹であっても内服する2時間前は食事を摂る事は出来ず、合間で食事を摂る事も基本的には厳禁とされていました。

しかし、シアリスは不活化する事が少ないと言われています。
食事の影響を受けづらい成分タダラフィルを含有する事によって空腹での内服や途中で食事を挟む事が可能になっています。

暴飲暴食はやはり効き目を失う事等には繋がりますが約800Kcalの範囲内での食事の摂取は安定して効き目を発揮させる事が出来ます。
相手との食事を楽しんでからでも性交を営む事を可能にしてくれます。

ED治療薬は9割の方に副作用症状を起こすとされ、代表例としては下記の症状が起こることがあります。

・紅潮や目が赤く充血する

・体の火照り

・頭痛、めまい

・鼻づまり

ですが、シアリスは緩やかな作用が特徴でもあるので作用である血管の拡張が一気に起こる事が無いので、
上記のような副作用症状を抑える事が出来るので、相手に秘密で内服する事も可能となり、不快な症状が抑えられる分、気が散る事無く性交を楽しむ事が出来ます。

シアリスの愛用者が多い理由として、最大の特徴とされる効き目が続く有効時間の長さです。
他ニ剤は最大でも10時間が限界としていましたが、この薬は3倍以上の36時間が最大持続時間となるので、たったの1錠で翌日になっても性交を営む事が出来るので男性の方が時間に追われて性交を営む必要も無く、ゆっくり時間を掛けて相手と楽しむ事が出来ます。

他ニ剤には無い様々な特徴から男性に掛かってくる精神負担を大きく軽減させる事ができ、性交自体の充実感を高める事が出来るので世界的にも愛用者の多い薬となっています。